ぴっかり、こと晄 尚徳(ひかり ひさのり)です。

現在、

ゾーンブレス・トレーナー・育成コーチ
世界観アップデート・セラピスト
心理セラピスト

をしていますが、ここまでの道のりは平坦ではありませんでした。

学生時代は特に悩みもなく、勉強はそこそこに競技スキー
(アルペン)に打ち込んでいました。

スキーに関しては誰かに勝ちたい、と言う思いは無く
ただ今の自分よりは上手く、速くなりたい一心で純粋に
取り組んでいました。

僕が生き辛さを感じ始めたのは平成元年に整骨院を
開業してからなんです。

当時の僕は開業すれば勝手に患者さんが来ると思っていましたが、2ヶ月,3ヶ月過ぎてもほとんど来ません。

さすがの僕も焦りました。

周りの同期の整骨院は繁盛してるのに・・・
なんで僕のところだけ暇なん・・・

もう自己否定の嵐です。

これは僕自身に問題があるからだ!
こんな僕だからあかんねん!
自分を変えたい!
いや、自分を変えなければ!

と言う思いで、自己啓発書、成功哲学、宗教、
メンタルセミナー、などあらゆるものに手を出しました。

仕事もそこそこうまくいってる時もありましたが、やっぱり
また落ちてくるんですね。

どうしてもこの生き辛さが解消されない。

そんなとき、忘れもしない2008年11月
「人生上昇塾」に出会いました。

ここに僕の生き辛さの答えがありました。

学生時代は特に悩みもなく、勉強はそこそこに競技スキー(アルペン)に打ち込んでいました。

スキーに関しては「誰かに勝ちたい」という思いはありませんでした。

ただ「今の自分よりは上手く、速くなりたい」という一心で純粋に取り組んでいました。

 

僕が生き辛さを感じ始めたのは、平成元年に整骨院を開業してからなんです。

当時の僕は、

「開業すれば勝手に患者さんが来る」

と思っていましたが、2ヶ月,3ヶ月過ぎてもほとんど来ません。

さすがの僕も焦りました。

 

「周りの同期の整骨院は繁盛してるのに・・・」

「なんで僕のところだけ暇なん・・・」

もう自己否定の嵐です。

 

「これは僕自身に問題があるからだ!」

「こんな僕だからあかんねん!」

「自分を変えたい!」

「いや、自分を変えなければ!」

 

という思いで、

  • 自己啓発書
  • 成功哲学
  • 宗教
  • メンタルセミナー

などあらゆるものに手を出しました。

 

仕事もそこそこうまくいってる時もありましたが、やっぱりまた落ちてくるんですね。

どうしてもこの生き辛さが解消されない。

そんなある時、2008年11月に安達さん主宰の「人生上昇塾」というオンライン講座に参加、そこで人生の大きな転機を迎えました。

そして更なる学びを深める為に2013年の4月から「ビリーフ・チェンジ・プロセラピスト養成講座」に参加し講座が進むにつれて、

「何故問題解決が出来なかったのか?」

その理由が明白にわかりました。

 

その後、当時の生き辛さはすっかり消えてしまいました。

 

2013年8月から「プロ心理セラピスト」としての活動も始め、多くの方の問題解決をさせていただいています。

そして2015年10月より「ゾーンブレス・トレーナー育成コーチ」として全国各地でセミナーを開催。

 

2017年9月より更なる進化を遂げ、

「世界観アップデート・メソッド」

という手法を用いて多くの方の「人生に関わる問題解決」に関わっています。道整復師として患者さんに対して治療をしながらも、患者さんの身体の状態を改善するだけでなく、「患者さんの人生の問題も改善出来る方法はないかな?」

と模索していたところ、「ビリーフ・チェンジ」という心理セラピーに出会いました。

その結果、僕自身が心身ともに劇的に変化しました。

現在プロセラピストとして、述べ500人以上のクライアントに関わる中で、

「自分自身で解決できる方法はないかな?」

と、また模索していたところ・・・

2017年1月14日から始めた「一日一食超小食」がきっかけで、今回のセミナーのテーマの、

「世界観アップデート・メソッド」

ができました。

 

ある仮説を元に出来たメソッドだったので

「本当に効果があるのか?」

と僕自身が疑っていました。

そこで僕のダイエットモニターを受けられている、Yさんに試したところ劇的な効果が見られ、

「今まで何をやっても効果がなかったのに凄いです!」

と感想をいただきました。

 

その後Yさんに「セルフケア」のやり方を伝えたところ、これまで生き辛かった人生がウソのように「楽しい毎日」に変わりました。

その後50人近くの方に体験していただき90%以上の方に効果がありました。

 

これからは「自分のからだは自分で守る」+「自分のこころも自分でケアする」時代です。

一人でも多くの方が本来の自分に繋がって生き生きと人生を歩んでほしい。

そして生き生きと歩める人を創れる人を増やしたい、それが私の想いです。