「やめたいけれど、やめられない・・・」

あなたに、そんな悪い習慣やクセは何かあるでしょうか?

そのようなことがありましたら、FDAやSTTがオススメ!

FDAを開発後、その効果を実証するために、40人以上の方にモニターになっていただきました。

結果・・・

劇的な効果があった方、そこそこ効果のあった方は90%!

ほとんどの人に効果がありました。

「これはイケるぞ!」

 

と思う一方、残り10%はなぜ全く効果がなかったのか

この点がずっと気になっていました。

 

そんなあるとき。

 

「あっ、これがあるからFDAの効果がなかったんだ!」

というのがわかりました。

 

そこで、今回はFDAで効果の出る方、出ない方にはどんな違いがあるのか?

 

今回は、禁煙をしたいけどやめられなかったことを例にして、説明していきます。

 

もし、FDAを試して効果が思うように出なかった・・・

そんなときには今回の事例を参考にしてみてくださいね。

 

■FDAでタバコをやめられない根本的な原因

 

「タバコをやめたい!」

という方が4人いましたが、FDAを試したところ・・・

 

見事に失敗・・・

「効果が出ないのは、僕のメソッドに問題があるのでは?」

「ではどこを改善すれば効果が出るのか?」

 

と考えている時に、あるセミナーに参加した時の話。

そのセミナーでは、

 

「禁煙を指導するのは難しいです」

「タバコを吸う行為にはある目的があるのです」

「その背景を知る必要があります」

 

とのことでした。

つまり、「背景」があり、「目的」を達成するために、「タバコ」を使っている。

 

ということは、これらを把握しない限り、タバコをやめることはできない、ということなんですね。

このセミナーで教わったことをもとに、モニターさんに試したところ・・・

残念ながら結果は変わらず。

みなさん吸い続けています。

 

「どうしたら結果が出るのだろう?」

 

と思っていた時のこと。

 

「そういえば昔・・・僕もタバコを吸っていたな」

 

「そもそもなんでやめられたんだろう?」

 

過去のことをフッと思い出し、探ってみるとやめられた原因がわかりました!

 

■僕がタバコをピタッとやめられた理由

 

僕は20歳からタバコを吸っていて、何度も「禁煙」にチャレンジしました。

 

3ヶ月やめられた時もあるし、6ヶ月やめられた時もありました。

 

ある時「本気で禁煙する!」と決めた日がありました。

 

「この最後の一本を吸い切ったらやめるぞ!」

 

その最後の一本に火を点けました。

 

「うん?なんか変?」

 

「うわ~やってしもた!」

 

なんと、ありえないことに「最後の一本のフィルター」に火を点けていました。

 

「こんな漫画みたいなことでやめられへん!」

 

結果として、また吸い続けていた訳なんですね。

 

でもあるとき、

 

「禁煙」→「吸う」→「禁煙」→「吸う」・・・

 

これらの行為を繰り返すことの意味を考えた時に、

 

「本当にタバコが吸いたいのかな?」

 

「本当はやめたいんだよね」

 

そう、本当はやめたかったのです。

 

なぜなら「禁煙」「吸う」を繰り返す時点で迷ってます。

 

迷うなら「やめた」方が良いのです。(これは僕の持論です)

 

そこで「止める口実」を探すと見つかりました。

当時の僕の周りの喫煙者は

 

「朝の起き抜けのタバコがうまい!」

 

と言っていました。

 

ところが僕は、「朝の起き抜けのタバコが吸えなかった」のです。

 

これが「口実」です。

 

「朝の起き抜けのタバコが吸えない=タバコが身体に合ってない」

 

「じゃ、やめた!」

 

たったこれだけでやめることが出来ました。

 

なぜ「やめられたのか?」

 

逆に、

 

なぜ「やめられないのか?」

 

ここを掘り下げると答えが見えてきました。

 

結論から書くと、FDAのメソッドに何も問題はありませんでした。

 

では何が問題だったのか?

 

それは、メルマガでもお伝えしました、

 

・原因がわかる痛みの取り方

・原因のわからない痛みの取り方

 

で紹介した痛みが出るまでの4つのパターンです。

 

■このパターンを覚えていますか?

 

出来事→思考→感情→感覚

 

実は、このパターンの1つ1つを見ることで、タバコをやめられる、やめられないかが決まります。

 

この4パターンに当てはめると、僕の場合には・・・

 

———-

 

出来事→タバコを吸っている

 

 ↓

 

思考→やめたい

 

 ↓

 

感情→起き抜けのタバコが「イヤ!」

 

 ↓

 

感覚→合わない

 

———-

 

これでやめられたのです。

 

次にやめられなかった方のパターンは・・・

 

———-

 

出来事→タバコを吸っている

 

 ↓

 

思考→やめたい

 

 ↓

 

感情→吸っていると「ホッとする」

 

 ↓

 

感覚→落ち着く

 

———-

 

このようなパターンになっています。

 

■FDAで結果が出る、出ないの違いは・・・

 

「思考→感情→感覚」が一致してるか?

 

の違いです。

 

「思考」で「タバコをやめたい」と思っている。

 

でも、「感情」と「感覚」が、それを受け入れていないと効果は出ません。

 

つまり、タバコを吸い続ける理由が、「感情」や「感覚」にあると、タバコをやめられない、ということなんですね。

 

■まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回のモニターを通して、FDAのメソッド自体には問題がありませんでした。

 

逆の見方をすれば・・・

 

「思考→感情→感覚」が一致していればFDAで、悪い習慣やクセをスパッとやめられる、ということなんですね。

 

もしFDAをしても結果がでない場合には・・・

 

「思考→感情→感覚」が一致してるか?

 

この点をチェックしてくださいね。

 







リスク・副作用・費用はすべてゼロ!
時間・場所・性別・年齢も一切関係なし!
1日たった5分!今日からすぐに実践できる

30年の治療経験から編み出した
呼吸と筋肉に意識を合わせるだけの
完全セルフケア「ゾーンブレス」

特典つきの14日間の無料メルマガで
「こころ」と「からだ」
の健康を手に入れてみませんか?

 ↓ ↓ ↓

クリックして特典つきの無料メルマガに登録する