こんにちは、ぴっかりです。

 

今回は、感情の役割について、前編と後編の2回にわけて書いていきます。

 

今回の内容を読むことで、「本物の感情」がどのようなものなのか?を知ることができます。

 

感情には「本物の感情」と「偽物の感情」があります。

 

今回の前編では、「本物の感情」について書いていきます。

 

■「本物の感情」とは?どんな種類があるの?

 

「喜び」「怒り」「悲しみ」「怖れ」の4種類です。

 

実は「本物の感情」の前に「感情の原型」があります。

 

その原型とは、生まれて間もない赤ちゃんが持っている感情です。

 

その感情とは、「快」と「不快」の2種類だけ。

 

これが「感情の原型」なんですね。

 

そして、成長するにつれて自我が芽生えると、「本物の感情」が4つ作られます。

 

それが、「喜び」「怒り」「悲しみ」「怖れ」なんですね。

 

これらを自由に使える、感じられるのが健全で、全員持っている感情なんですね。

 

4つの「本物の感情」の役割をわけると、こうなります。

 

「喜び」・・幸せを感じるために必要

 

「怒り」・・現在の問題を解決するとき、自分にとって大切な人や物を守るため

 

「悲しみ」・大切な人や物を失ったときなど、過去のつらい出来事と決別し乗り越えるため

 

「怖れ」・「今この瞬間」や未来の危険から身を守るため、命を守るために必要

 

■感情を表現できないとどうなるの?

 

野生の動物や小さな子供は、感情を我慢することなく、ストレートにそのまま表現します。

 

泣いたり、笑ったり、喜んで走り回ったりなどなど。

 

大人の我々から見ると、ヒヤッとすることもありますが(笑)

 

実は、感情をそのまま表現することで、ストレスを解放しているんですね。

 

ところが、ペットやいい子で我慢している子供は、身体に感情が残ってしまうんです。

 

なので、わざわざ「感情解放」をしないといけないんですね。

 

特に解放しないといけないのが、幼少期に溜め込んだ感情です。

 

この幼少期に溜め込んだ感情は、身体に残ったまま自然になくならないんです。

 

■どんな時に感情が溜まるの?

 

それは強いストレスを感じる、恐怖体験があるとたまるんです。

 

たとえば、

 

・大けが

・手術

・難産

・交通事故

・大病

・失恋

・死別

・身体的、精神的性的虐待

・厳しすぎるしつけ

・いじめ

・レイプ

 

などなど。

 

思い当たることが多いほど、幼少期の感情を溜め込んでいる可能性が大きいです!

 

■危険な出来事や怖い場面が続くと?

 

人は何か危険な出来事や恐い場面に出会ったとき、「交感神経」が活性化します。

 

車のアクセルに該当する「アドレナリン」などの物質が全身にいきわたり、

 

「戦うか?それとも逃げるか?」

 

何らかの行動やアクションを起こす準備をします。

 

「戦う」にせよ「逃げる」にしてもその状況をやり過ごすと、ブレーキに該当する

 

「副交感神経」が活性化します。

 

結果、心身に落ち着きを取り戻すことができるんですね。

 

この自律神経システムの「自己調整機能」が正常に働いているときには問題ありません。

 

ところが、このシステムの限界を超える恐怖に襲われるとフリーズ反応、固まっている状態が起きてしまいます。

 

そうなると、感情エネルギーが自律神経システム内に残ったままになるんですね。

 

車で例えると、アクセルを思いっきり踏みながらブレーキを踏んでいる状態。

 

外から見たら、車は止まっているけど、エンジンの回転数はマックス。

 

これが、身体の中で起きると、大変な状態になるんです。

 

■自律神経の「自己調整能力」は長く持たない!

 

この自律神経システムの「自己調整能力」は、もって5~6時間。

 

つまり、常にストレスを抱えている人は、この時間の限界を超えているんですね。

 

日々強烈なストレスにさらされている人は、常に「アドレナリン」などのアクセルをガンガン踏んでいる状態。

 

いずれガス欠を引き起こし、最終的にはこころやからだに異常が出てくるんですね。

 

■まとめ

 

こころやからだに異常が出ないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

 

その方法ひとつは、意識的に感情解放を行うことです。

 

「FDA」や「STT」のメソッドを使うことで、より効果的に感情解放ができます。

 

しかし、それでも心身の状態が変わらない場合、「本物の感情」がポイントになります。

 

「本物」があるということは「偽物」があるんですね。

 

意識的に感情解放をしても改善しないのは、「偽物の感情」を解放している可能性があります。

 

 

 

リスク・副作用・費用はすべてゼロ!
時間・場所・性別・年齢も一切関係なし!
1日たった5分!今日からすぐに実践できる

30年の治療経験から編み出した
呼吸と筋肉に意識を合わせるだけの完全セルフケア

「ゾーンブレス」を紹介しています。

登録はこちらから

ダウンダウンダウン

まずは14日間のステップメールで、
「こころ」と「からだ」の健康を手に入れてみませんか?

 







リスク・副作用・費用はすべてゼロ!
時間・場所・性別・年齢も一切関係なし!
1日たった5分!今日からすぐに実践できる

30年の治療経験から編み出した
呼吸と筋肉に意識を合わせるだけの
完全セルフケア「ゾーンブレス」

特典つきの14日間の無料メルマガで
「こころ」と「からだ」
の健康を手に入れてみませんか?

 ↓ ↓ ↓

クリックして特典つきの無料メルマガに登録する